1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 「製造業の離職問題断」

製造業の離職問題

製造業の離職問題


上記は、産業別の入職率と離職率のグラフです。このグラフで注目して頂きたい事があります。それは、製造業だけが離職率が高いという点です。どんどん、製造業で働いていた人達は他の産業に転職しています。

日本の就業者数の総数は、1995年以降、概ね6400万人前後で安定的に推移してきました。しかし、製造業・非製造業という部門別労働者数に着目し、就業構造の構成の変化をみると、大きな変化が見られます。

すなわち、90年代以降、製造業は400万人以上の雇用を削減し続けており、数字の上では、この400万人は、ほぼ全員が非製造業に吸収されたのです。

製造業の経営者の皆さんは、この事を大問題だと捕えるべきでしょう。

本当は製造業は良い職場であるはず

基本的に製造業は設備に投資します。つまり設備の優劣で製品(企業)の競争力が決まります。非製造業は人間(社員)に投資します。製造業に比べ社員の優劣が競争力や市場の占有率などを決めることになりますから、社員に対する要求は製造業より大きいのです。結果として、その要求に答えられないあるいは耐えられずに脱落する社員が出てきます。社員への要求が高い事と引き換えに非製造業は製造業より給料が高いと言えるのかも知れません。

極端に高い給料を求めないのであれば、おちついて、納得できるまで「ものづくり」を行える製造業は、日本人にとって本当は良い職場であるはずです。

例え、給料が多少、少なくても、「ものづくり」の達成感は労働者に大きな心理的充実感を与えます。例えば、自分の子供に“ お父さんが作ったんだよ! ”といって作ったモノを見せる事ができたりもするでしょう。こういった事は製造業の良さの、ひとつでしょう。

アンケートを取ったら、こうなる

製造業をやめて、非製造業に転職しようとしている人に、何故、やめるのかというアンケートを取ったら、どんな答えが帰ってくるでしょうか?

  A. 給料が安いから
  B. やり甲斐がないから
  C. 仕事が体力的にキツいから
  D. 危ない仕事だから
  E. 職場が汚いから

これらの答えに集約される事は、誰にでも解る事ですね。給与水準の問題や、やり甲斐の問題は、非製造業であっても、同じ事ではないかと思います。ですが、キツい、危ない、汚いは、製造業の専売特許のようなもので、他の業界ではあり得ない状態なのではないでしょうか? 

板金屋さんの経営者が考えるべき事

これらの事を考え合わせると、社員に会社を辞めさせないようにし、さらには、優秀な社員を集めるために、製造業の経営者が、やるべき事は、ズバリ! キツい、危ない、汚いの3Kからの脱却です。

筆者は、よく板金屋さんに訪問する事がありますが、多くの板金屋さんは、キツい、危ない、汚いの3Kの典型です。

何故、板金屋さんは3Kなのでしょうか?

板金屋さんの社員の皆さんに、“いやな仕事は何ですか?”と聞いたら、必ず“そりゃぁサンダーとヤスリを使ったバリ取りだ”と答えるはずです。

この答えが帰って来る理由は、単純に、サンダーとヤスリを使ったバリ取り自体が、3Kであるだけではなく、バリ取り作業には、顧客から金がもらえないという事が大きく関わっています。

それが解っていても、経営者は、なかなか、金がもらえない作業の環境を整えようとはしない傾向があります。結果、工場の隅の薄暗い場所で、粉塵にまみれ、たまに怪我をしながら、サンダーとヤスリを使ったバリ取り作業が続けられてきたのです。

サンダーとヤスリを使ったバリ取りは、工場全体を汚くもします。粉塵を撒き散らす作業ですから、法規的にも届け出や、教育が必要です。ですが、板金屋さんでは、それが無視される事もあります。