1. TOP
  2. 製品一覧
  3. バリ取り機:AuDeBu Mini(オーデブ ミニ)

製品紹介

バリ取り機:AuDeBu Mini(オーデブ ミニ)

バリ取り機:AuDeBu Mini(オーデブ ミニ)

特徴:小物ワーク用バリ取り機

バリ取り機AuDeBu Mini(オーデブ ミニ)は、小物ワークに特化したR面取り加工の仕上げマシンです。
独自の吸着機構の採用により、従来のバリ取り機では不可能だった硬貨や切手サイズの小物ワークについて、安全・安心なR面取り加工を可能としました。
また、ターンテーブル方式の採用により、ワークの搬入・搬出を容易に一人で行 うことができ、また、他作業との「掛け持ち」が可能なため、さらに効率的なバリ取り作業を実現しました!       

カタログダウンロード 製品紹介動画

小物ワークのバリ取りも安全・安心

新たな吸着機構の採用により、従来のバリ取り機では不可能だった硬貨や切手サイズの小物ワークについて、安全・安心なR面取り加工を可能としました。         

完全一人作業・他作業との「掛け持ち」を実現

ターンテーブル方式の採用により、ワークの搬入・搬出を容易に一人で行うことができます。また、稼働中に作業者がマシンから離れたとしても、ワークがマシンから排出されることがないため、他作業との「掛け持ち」が可能となり、さらに効率的なバリ取り作業を実現しました。

ターンテーブルの拡大・ブラシ本数の増加で生産性アップ

ターンテーブルの大きさを従来のφ600mmからφ800mmに拡大し、一度により多くのワークを加工することを可能としました。また、ターンテーブルの拡大に伴い、ブラシの本数を3本から4本に増やし、加工範囲を拡げるとともに、研削力30%アップを実現しました。        

設置場所を選ばないマシン設計

ターンテーブル方式の採用により、ワークの搬入出はマシン正面に限られるため、マシン背面を工場の壁に近接させることが可能で、設置場所の自由度が高いマシンを実現しました。

さらに快適に!

吸着ブロワからも吸い込まれるバリ取り時の粉塵を外部フィルターボックスで効率よく集塵します。機械内部に収納されている集塵ボックスと合わせて機械内部の粉塵滞留による製品のもらい錆等のトラブルを防ぎます。 機械内部にエコロジーに配慮したLED照明を配置し加工中ワークの確認も素早く簡単に行えます。

本体寸法

テクニカルデータ

本体幅 1580mm
本体奥行き 1430mm
本体高さ 1622mm
本体重量 850kg
ターンテーブル挿入高さ 870mm
ターンテーブル直径 800mm
加工物最大高さ 6mm
加工物最大幅 300×300mm
ブラシ取付個数 4個
ブラシ回転数 最大1500rpm
ブラシ揺動速度 一定
ターンテーブル回転速度 最大
吸着用ブロワ吐出口 Φ 100mm
電力 10kVA
供給電圧 5〜16rpm

※本機は、都合により仕様を変更する場合があります。

安全に関するご注意

  • 本機の集塵部は研削により発生する粉塵を吸引する為の装置です。以下のような粉塵を吸引する恐れのある研削作業は行なわないでください。
    • 爆発性物質(粉塵爆発を起こす可能のある物を含む)
    • 引火性物質
    • 多量の火花を含んだ物質
    • 火種
    • 可燃性物質
    • 条件により危険な性質に変化する物質など
  • 異なる物質の粉塵が混合する事により危険な物質に変化することがあります。粉塵の混合に伴う安全性が確認できない場合は同一機での共用使用は行なわないで下さい。
  • 加工範囲に確実に収まるワークのみ使用可能です。加工範囲をはみ出すワークのバリ取りは、思わぬ怪我・機械故障の原因になりますので行なわないで下さい。
  • 表面処理材のエッジバリ取り加工は納入先お客様と仕上品質(サビ・ブラシ跡等)について良く相談の上作業をして下さい。
  • アルミを加工する場合、吸着用ブロワ・集塵機を変更する場合があります。