1. TOP
  2. サポート体制
  3. メンテナンス(保守契約)

AuDeBu保守契約

AuDeBu保守契約

『突然壊れて問題が起きる』前の安心整備です。

機械が故障するときは「突然壊れた」という印象をお持ちになる方も いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし機械的故障の多くは「経年数と使用条件」などが大きく関係し、進行の度合はあるにせよ「徐々に悪化していくもの」と考えることが出来ます。
保守点検の実施により機械性能の維持、不具合箇所の早期発見・ 早期対応、長期劣化品の計画的交換が可能となります。

AuDeBu1000保守点検項目

  • ギヤモーターー部オイル交換
  • 吸着ブロワ分解清掃
  • ブラシ旋回用タイミングベルト調整
  • 摩擦ディスク摩耗チェック
  • 機械内部清掃
  • 各部動作確認
  • 故障発生時の修理工賃無料(部品は実費となります)

AuDeBu1000保守点検の画像集

AuDeBu1000保守契約内容

  • 年一回の保守点検
  • 保守用消耗品無償
    (ギヤオイル、タイミングベルト磨耗の場合交換、グリス類)
  • 故障発生時の作業工賃無償
  • ドラム交換工賃無償(保守点検同時実施の場合)

AuDeBu1000保守契約内容

点検項目 内容
機械内部の清掃 AuDeBu機械内部に堆積した粉塵の清掃を行います。
ブロワー分解清掃 吸着ブロワーを分解し、内部の清掃を行います。
ギヤモーター部オイル交換 ブラシ駆動用・ブラシ昇降用・コンベア駆動用モーターのギヤオイルの交換を行います。
ブラシ旋回用タイミングベルト交換 タイミングベルト交換が必要な場合、ベルトを交換します。テンション調整を行います。
ディスク磨耗チェック ブラシ駆動ドラム内のディスク磨耗チェックを行います。
各部動作確認 各部の動作確認を行います。

AuDeBu1000保守契約内容

保守契約のご案内