1. TOP
  2. 製品一覧
  3. 酸化被膜除去複合機:AuDeBu BlackLine650(オーデブ ブラックライン650)

製品紹介

酸化被膜除去複合機:AuDeBu BlackLine650(オーデブ ブラックライン650)

酸化被膜除去複合機:AuDeBu BlackLine650(オーデブ ブラックライン650)

特徴:大物ワーク用R面取り仕上マシン

AuDeBu BlackLine650(オーデブ ブラックライン650)は、 省スペース型の酸化被膜除去に強いバリ取り複合機です。ベルトユニットによるドロスやスパッタの除去。ディスクブラシユニットによる、酸化被膜除去、R面取り、保護シート破片除去。ローラーブラシユニットによるヘアライン仕上や最終仕上を行います。なお、ローラーブラシユニットは特別注文品となります。

カタログダウンロード 製品紹介動画

なぜ今、酸化被膜除去が必要とされるのでしょうか?

板金加工において、日常的にレーザー切断が使用されるようになってきました。タレットパンチプレスと比較すると、どのような形状にカットする場合でも、金型が必要なく、 加工精度や切断速度も向上した事で、広く普及したと考えられます。 レーザー加工時のアシストガスに酸素やエアを使用される場合が多く、このアシストガスの使用により溶断面に黒皮とも呼ばれる『酸化被膜』が発生します。 この酸化被膜は、これまで除去加工の対象になることは少なかったのですが、近年の製品の品質管理基準においては 下記1と2のような理由から、除去しなければならないケースが増加してきています。 特に、建機・造船・車体などの中厚板板(板厚で約9mm 以上)を扱う分野にてに、酸化被膜除去加工に対する需要が高まっています。 また、酸化皮膜は、短時間で生成する性質を持っているため、酸化被膜除去後に溶接や塗装をする際には、作業時間の短縮が大きな課題となっています。

塗装剥離の原因となる

酸化被膜と共に塗装が剥離すると、製品不具合となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶接欠陥の原因となる

酸化被膜が接合部で溶融すれば欠陥等が発生し、溶接不良となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの酸化被膜の除去方法

下記、いずれの方法も時間が非常にかかり、コストアップの大きな要因となっています。

サンダーを用いて端面を削る

 

 

 

 

 

 

 

 

酸洗いで酸化被膜を除去する

 

 

 

 

 

 

 

BlackLineの導入のメリット

    酸化被膜除去や溶着ドロス除去に優れ、作業時間の短縮、加工品質の均質化、クリーン環境、等を実現するマシン、それがBlackLine(ブラックライン)です。

    • 導入効果:酸化被膜除去、溶着ドロス・スパッタ除去
    • 作業効率の向上:手作業の1/10程度に時間短縮
    • 品質の向上:誰でも同一の加工品質
    • 安全確保:危険な作業から解放

BlackLineの特徴

    3種類の除去ユニットの組み合わせにより、さまざまな研磨方式を組み合わせ、難度の高い加工を実現するマシン、それがBlackLine(ブラックライン)です。

    • レーザー加工の酸素切断で発生した端面の酸化被膜を除去
    • 外周および内部の穴も共に酸化被膜を除去
    • 板厚最大160mmまで加工可
    • 水を使わずブラッシング加工(乾式タイプ)
    • 操作パネルで使用するユニットのみ選択可能

ユニットの組み合わせにより、様々な研磨方式を選択可能

お客さまが取り扱う製品の種類や加工方法に応じて、最適な研磨方法を組み立てることが可能です。

  Bユニット
ローラーブラシ研磨


   用途

— ヘアライン —

— 最終仕上 —

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  Dユニット
ディスクブラシ研磨


   用途

— 酸化被膜除去 —

— R面取 —

— 保護シートの破片除去 —

※ 金ブラシも装着可

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   Rユニット
紙タイプのベルト研磨


   用途

— ドロス —

— スパッタ —

— その他 —

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BlackLine操作パネル

操作パネルで使用するユニットのみ選択可能

酸化被膜除去のサンプル

ドロス除去のサンプル

本体寸法図

テクニカルデータ

本体幅 1025mm
本体奥行き 1250mm
本体高さ 1980mm
本体重量 950kg
加工物最大高さ 160mm
加工物最低高さ 0.5mm
加工物最大幅 650mm
ブラシ回転スピード 15rpm/min
ベルトコンベアスピード 0.5〜10m/min
集塵吸込み口 φ250mm
送風機吐出口 φ250mm
電力 25kVA
供給電圧 AC200V 50/60Hz

※本機は、都合により仕様を変更する場合があります。

安全に関するご注意

  • 本機の集塵部は研削により発生する粉塵を吸引する為の装置です。以下のような粉塵を吸引する恐れのある研削作業は行なわないでください。
    • 爆発性物質(粉塵爆発を起こす可能のある物を含む)
    • 引火性物質
    • 多量の火花を含んだ物質
    • 火種
    • 可燃性物質
    • 条件により危険な性質に変化する物質など
  • 異なる物質の粉塵が混合する事により危険な物質に変化することがあります。粉塵の混合に伴う安全性が確認できない場合は同一機での共用使用は行なわないで下さい。
  • 加工範囲に確実に収まるワークのみ使用可能です。加工範囲をはみ出すワークのバリ取りは、思わぬ怪我・機械故障の原因になりますので行なわないで下さい。
  • 表面処理材のエッジバリ取り加工は納入先お客様と仕上品質(サビ・ブラシ跡等)について良く相談の上作業をして下さい。
  • アルミを加工する場合、吸着用ブロワ・集塵機を変更する場合があります。