img
006

Q1:AuDeBuの特徴を教えて下さい。

板金加工品のエッジバリに最適なR面取り仕上げマシンです。 メンテナンス会社ならではのノーハウを生かし、長寿命と高性能を達成した機械です。 この種の機械の理想と言われる6本ブラシ構造が最大の特徴。シンプルな機械構造と余裕を持った制御・電子装置を併せ持ち、板金業界で高い評価を得ているバリ取り機です。

Q2:6本ブラシ構造のメリットを教えて下さい。

AuDeBuは国産のバリ取り機で唯一、6本ブラシ構造を採用しています。ベルトコンベア幅全体に常にブラシが当たる構造となっております。 よくある4本ブラシと比較して、4vs6で1.5倍の生産効率が得られます。 ブラシの数とバリ取り効率に関しましては、詳細な ご説明ページ がありますので、是非ともご覧下さい。

Q3:AuDeBuの基本仕様を教えて下さい。

Q4:AuDeBuを設置するにはどれくらいのスペースが必要ですか?

Q5:コンベアベルトの耐久性はどうですか?

ベルトコンベアは高速で回転するブラシで叩かれることにより、経年変化で 摩耗します。AuDeBuのコンベアベルトは厚み8mmの特注ベルトを採用しています。そのため、 ベルト内部の布(糸)切断による蛇行を防ぎます。

Q6:ベルト搬送速度の設定範囲は?

ACサーボ機能採用によりベルト搬送速度は0.3m~12m毎分の広範囲に 設定可能です。医療機器・食品機械・半導体関連機器に代表されるR面の大きなステンレス材から、建築資材・車両・モニュメントなどの長尺製品にも幅広く対応可能です。

Q7:使い易さが心配なのですが?

ワークを挿入しながら操作可能です。操作パネルのレイアウト・機械内部の ワークを視認しやすいカバー形式を採用し、作業効率の向上に貢献しています。

Q8:ベルトコンベアの吸着力が心配なのですが?

インバータ制御によりワークの大きさ・板厚・形状に応じた 最適で、安定した吸着力設定が可能です。

Q9:AuDeBuの設計思想に特徴はありますか?

バリ取り機は粉塵発生機です。AuDeBuの機械内部は粉塵の影響を受けず、長寿命な機械構造となっています。ブラシ昇降機構・ブラシ回転旋回機構・集塵口の位置などシンプルで長寿命・高効率な機械構造を採用しています。

Q10:試しにサンプルをバリ取りしてもらえますか?

弊社ではバリ取り機「AuDeBu」の性能を知っていただくために 提供頂いたサンプルのバリ取りテストを無償で実施しております。どうぞお気軽に、ご依頼下さい。

ご連絡先

オーセンテック 株式会社 神奈川テクニカルセンター
〒253-0101 神奈川県高座郡寒川町倉見1928-1
TEL:042-701-0285 FAX:042-701-0286  MAIL:info@authentec.jp

※サンプル品のバリ取りには、スケジュール等の都合により、お時間をいただく場合がございますのでご了承ください。

Q11:ボンデ鋼板やジンコートなど、電気亜鉛メッキ鋼板(SECC)のバリ取りは可能ですか?

これまで、表面処理鋼板のバリ取りを行うとワーク表面にブラシ跡がついてしまう(メッキが剥げてしまう)事が指摘されていました。新型ブラシ「フラダンスフラップ」は表面処理鋼板の表面を極力傷つけず、より高い研削力を実現しました。ぜひ一度「フラダンスフラップ」のバリ取り性能をお試しください。

Q12:溶断後のドロスは取れますか?

ドロスは通常の板金バリと比較すると、大きいだけでなく温度変化によっ て金属組織が変化しています。これまでの「AuDeBuシリーズ」はエッジ面だけを選択的にバリ取りするタイプでした。この度、開発した新製品「AuDeBu BlackLineシリーズ」は、ドロス除去、スパッター除去、酸化被膜・保護シートの破片の除去、R面取り、ヘアライン加工、等を同時に行えるマシンです。ぜひ、お問い合わせください。

Q13:研磨板面やヘアラインなど、表面に傷がついてはいけない製品の場合はどうですか?

「AuDeBu」では研磨板やヘアラインの場合、表面保護用のフィルムを貼っ て切断加工したものをそのままバリ取り可能です。表面保護シートはそのままで加工端面周辺のみが研磨されます。 ※保護シート付きのワークのバリ取りの際には、あらかじめ試し加工をお勧めしております。

Q14:バーリングや切り起こしなどがある場合は?

形状によっては研磨ブラシの回転によって、ワークが飛ばされやすくなり ます。 ワーク固定用の治具等を検討する必要がある場合がありますので、ご相談く ださい。 立体の高さは、最大30mmまで可能です。

Q15:加工のための機械調整には、どのようなものがありますか?

ブラシ回転数、ブラシ旋回数、コンベア送り速度、ワーク吸着力を最適 なものに調整すれば効率の良いバリ取りが可能です。

Q16:集塵機はどのようなものが使用できますか?

標準仕様は乾式となります。オプションにより、防爆仕様をご提案させて頂きます。 ワークの材質から適切な集塵機を推薦させて頂きます。 弊社は機械とその周辺設備のメンテナンスを主業務としておりますので、トータル的なご相談を承る事も可能です。

Q17:塗装色の指定は可能ですか?

「AuDeBu」は、さまざまなご要望にお応えできます。 価格・納期については、別途ご相談ください。

Q18:研磨ブラシの寿命について教えて下さい。

物理的には研磨ブラシ(ペーパー)がなくなるまで使用は可能ですが、ブラシの直径が小さくなることにより周速が遅く成る為に研削能力が低下します。 どこまで使用できるかは「実際にお客様それぞれがバリが取れにくくなったと 判断するまで」ということになります。ランニングコストに大きく影響する部位なのでバリ取り機の選定において購入前にブラシ種類の検討と共に是非ご確認ください。

Q19:研磨ブラシの交換作業はどれくらいかかりますか?

研磨ブラシ(ペーパー)は工具無しで簡単に脱着できます。3分程度で6本 交換する事が可能です。

ブラシ取り外しネジタイプ(標準)
簡単ブラシ交換 ワンタッチロックシステム取付
簡単ブラシ交換 ワンタッチロックシステム取外し

Q20:研磨ブラシの他に、消耗品にはどんなものがありますか?

コンベアベルトは8mmの厚みがありますが、常時研磨ブラシと当たっており消耗品になります。

コンベアベルトにはワーク吸着のための小さな穴がたくさん開いていて、穴 の端面がブラシと接触する事により次第に皿穴状に広がっていきます。

隣接する皿穴がつながってしまうとワークを吸着する力が弱くなります。今まで問題なく加工出来ていたワークがずれたり飛ばされることが増えたら、コンベアベルトの交換をご検討下さい。

Q21:日常の管理はどんなものがありますか?

機械周りの清掃は日常的に必要です。毎日きれいに使用して頂くことで、故障や不具合の予防と早期発見につなが ります。

お問い合わせ先

オーセンテック 株式会社

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3番2-225号

電話番号:042-701-0285  ファクス:042-701-0286 Eメール:info@authentec.jp